写真論TOP
 “やらせ”と“捏造”

 ドキュメンタリーを含め報道は「事実」であることが、前提となるが、
実際、取材に行って対象が存在しない、或いは、既に終わっていた場合、
どのように映像とするか…。

いわゆる「やらせ」とは「捏造」のような明らかに実在しないものから
「演出の一部」のような許容範囲まで、その定義は、幅広い。
例えば、和菓子職人を取材したとする。その作業をカメラ方向から分かる
ように注文をした場合、また、撮影準備が出来てから作業をしていただく
場合などは、実作業と言い切れず「やらせ」に入るが、許容範囲と言って
良いだろう。しかし、職人不在ならば、例え後姿でも代役を立てた場合は
「捏造」の入り口と考える。

かつて朝日新聞記者による「珊瑚落書き」事件があった。不届きなダイ
バーが珊瑚礁を破壊する、という記事であるが、そういう事実はあるかも
しれないが、その記事を作るための自作自演であった訳だ。
ただ、演出においてもドキュメンタリーなどでは、
BGMなどを用いた演出
は許容範囲となっているが「印象」という部分では、作り手の意図に誘導
させる行為である。度重なる演出行為が次第に過剰となり、麻痺した頃に
は、捏造に足を踏み入れてしまう、とも言えよう。

「やらせ」と「捏造」では、幾分、違う意味がある。

ひとつの出来事を強調し、そのことに相反するものは排除、もしくは入
れないようにする行為は、編集さらには企画上の演出である。
例えば自衛隊がイラクに派遣された時、出発式を激励し見送る団体を映さ
ず、反対派のみ映し報道したならば、報道以前に企画があることになる。
映像に映っている反対派は事実であっても、同じ場にいる、賛成派を入れ
ないならば、現実を消去していることと同様と考えられ、そしてあたかも
「皆が、反対している」という表現をしたならば、映像は事実でも内容は
「捏造」といえる。悲惨な事件現場の写真を別の場所、別の事件として扱
えば、捏造そのものであることは、いうまでも無い。更に、その映像が、
意図的に作られ、犯罪証拠として使うものなら、宣伝広告を事実に仕立て
上げる詐欺行為である。

商業広告は「やらせ」の世界だが「捏造」は御法度である。しかし事実
こそが前提の報道に「やらせ」「捏造」があるのは、実に奇異なることで
ある。