岐阜李登輝友の会台湾研修ツアー
平成22年10月28〜31日 【3日目】 美濃鎮を後に高雄へ戻る。
TOP 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
 日台の「美濃・民間交流会」挨拶をするのは、画家の曽文忠さん。ここに集まった人たちは「美濃愛郷協会」の皆さん。
 美濃愛郷協会会長曽文忠さんから、訪台、美濃へ足を運ばれたことへのお礼と、今後の交流促進が述べられました。
 大垣市美濃鎮研究会、堀富士夫さんからは110年前に大垣出身の先人たちが知事をつとめ、発電所を建設したことからの縁を話し、「知」が集結し、自然に囲まれた日台「美濃」との交流機会を得られたことを喜ぶ言葉が述べられました。
参加者は30名を超えてい日本の美濃、台湾の美濃、それぞれの特産品や写真集、画集などが双方に贈られた。
 参加者全員が自己紹介。美濃愛郷協会からの通訳、ガイドの劉さんにによる通訳に、岐阜李登輝友の会、吉田龍洋副支部長の流暢な北京語が、参加者のコミュニケーションを助けました。
 岐阜李登輝友の会村上支部長からは、李登輝元総統の表敬訪問と新たに設立された、李登輝民主協会との連携で日台交流の担い手とならんことを説明。
選挙期間中で忙しい中を高雄副市長(左側)と台湾で一番美人の国会議員が駆けつけてきました。
美人を前にすると、男は、こんな風になってしまうのです。但しこの方、議員の先生なんですが。
 台湾に来るとアコーデオン奏者をよく見掛けます。持ち運びが出来る楽器として重宝されているのでしょう。何処に行っても音楽は、場を盛り上げてくれます。
 「給美濃的情歌」作曲者、林生祥さんが熱唱。邦題では「美濃の恋歌」としてシャンソン歌手遠藤伸子さんが、美濃鎮への郷愁の思いを恋文として、歌っています。

 今後の交流のあり方を双方で話し合いました。
 日本側は、大垣にあるソフトピアジャパンにて日台学生達が、言葉は通じなくともコンピューターというツールを用いて、心が通じ合っていたことを報告。ITの街として、そして奥の細道結びの地としての大垣として、文化、教育など交流要素があることから、それを活かした交流を促進する提案がなされました。
伊佐治さんも演奏。芸達者な方です。
   
「また会いましょう」と交流会が終了。
 台湾からは、美濃鎮は農業が盛んなので農業交流からはじめる案や文化的にも高いので展覧会などを行っていくと良いのでは、と提案されました。

 美濃鎮を後にし、宿泊先の高雄国賓大飯店へ行き、フロントで皆とわかれ、村上支部長と一緒に話をしていたら、何と、許世楷前在日台湾代表大使一行とバッタリ。奇遇というか、気の許せないツアーですね。
次へ⇒